ペルー料理
2009年1月18日
アルコ・イリス 大和店 紹介サイト
引き戸です。OPENの札はありますが、開いているのかどうか、俄にはわからない感じです
店内の様子。壁の絵はマチュピチュです。テレビが3台あり、どこに座っていても見えます(^_^)。ペルー人のおじさんが一人で仕切っていました
メニューの表紙 お店の名前になっているアルコ イリスはスペイン語で「虹」の意味だそうです
セビッチェ 
名物料理の筆頭にあがるのがこれです。「新鮮な魚介類とレモン汁、クラントロ(香菜)、タマネギ、野菜、香辛料などを混ぜ合わせたもので、さっぱりした味は日本人の味覚にぴったりです」と書いたサイトがありますが、確かにその通りです。お酒のつまみになる、と思う人もいるのでは? 中辛で頼みました。右は煎ったとうもろこし。サツマイモとジャガイモもありますが、どれがそうかおわかりになりますね
ロモ・サルタード
牛肉と野菜の炒め物。揚げたジャガイモと牛肉とタマネギ・トマトを醤油味で炒めたものです。やはりペルー料理の定番のようです
別売りのライス 日本米
レチェ・アサダ
デザートその1はプリンです。ペルー風焼きプリンですね
ピカロネス
デザートその2。とうもろこしなどの粉からできている揚げドーナツ。揚げたてでアツアツでした。醤油のように見えるのはシロップです
ペルー料理全般について   
ピカロネスについて 
筑附通信